About me

いつか

すべての感情 すべての経験に

「ありがとう」が言えるように

はじめまして!Kotoyogaの密山ことみです!

Kotoyogaのホームページへようこそ!ここでは私が陰ヨガや中医学と出会った経緯や、Kotoyogaを通して皆さんにお伝えしたいメッセージなどをご紹介します。

プロフィール

旭川の高校を卒業後、カナダの大学に入学。そのままカナダで就職をしました。海外の慣れない仕事でストレスを抱えていた時、当時の知り合いに誘われたのがヨガとの出会いです。

13歳で脊柱側弯症と診断され、20代でぎっくり腰や過呼吸を頻発、心身共に弱かった私は、その時受けたヨガに可能性を感じ、独学で学び始めました。帰国後、瞑想との出会いをきっかけにヨガインストラクターの資格を取得。

その後、様々な学びを続ける中で、陰ヨガ・中医学に出会い、自分を愛し大切にすることを私に教えてくれました。それはやがて家族や周りを理解し労わることにつながり、すべてが感謝へとつながっていきました。

現在は、札幌市内で陰ヨガクラスを開講。また中医学のワークショップを定期的に開催しています。

資格

ヨガ

  • ヨガ・シャラ インストラクター養成講座 初級修了
  • Jo Phee 陰ヨガTT 130時間修了
  • Yoga Plus Style 中医学ヨガTT 中級修了
  • Sandra Fang ヴィンヤサヨガTT 25時間修了
  • 陰ヨガを田中しのぶ氏に師事し、数多くのワークショップやティーチャートレーニングでアシスタントを務めている

中医学

  • 刮痧国際協会 中医アドバイザー療法士
  • 刮痧国際協会 1Dayかっさ&カッピング療法修了
  • 刮痧国際協会 漢方チャクラ耳ケアセラピー セラピスト
  • 中医学を雲瑶氏に師事

その他

  • セルフエスティームTOUCH協会 HOCORUベビーマッサージ セラピスト
  • AEAJアロマテラピー検定 1級
  • 州立マニトバ大学 卒業(カナダ)
  • 実用英語技能検定 準1級
  • 日本語教師養成講座420時間修了
  • タッチケアを中島直子氏に師事

陰ヨガと私

瞑想と出会い、ヨガを深めたいと思った私は、2015年、札幌市内のヨガインストラクター養成講座へ通い始めました。

そこは初級・中級・上級と3つのコースがあり、全部修了すると国際的なヨガインストラクターの資格(RYT200)を申請できる養成校。当初、ヨガの先生になる予定はありませんでしたが、せっかくだから全課程修了して、RYTも申請しちゃおう…と思っていました。

が、しかし・・・

初級コースの途中で、出会ってしまったんです。今の陰ヨガの師である田中しのぶ先生と陰ヨガに!

それまでの私のアーサナスタイルは、パワーヨガとヴィンヤサスタイルのヨガでした。

当時から体は柔軟でなく、たくさんのポーズができるわけではありませんでしたが、汗をかいて、すっきり気持ちがいいので、動くヨガも好きでした。

でもある日、初めて陰ヨガのレッスンを受け、衝撃を受けたのです!

ポーズはとてもシンプルでしたが、終わった後に見える世界が、今までと180度違っていました。

スタジオからの帰り道、世界にやさしく包まれて、穏やかで、満たされていて、何もないのに、口角は柔らかく上がり、微笑みながら歩いている自分に気づいたとき…

なんだろ…すごい…幸せ♡

と、じんわり感動で胸いっぱいになった感覚を今でも鮮明に覚えています。

陰ヨガは、ほとんど動かないヨガです。汗をかくことはまずありません。

でも包まれるような心地よさがありました。

それからは、毎週のように田中しのぶ先生の陰ヨガクラスに通いました。

マインドに語りかけるガイドは、徐々に自分を覆う鎧を落とし、肩ひじ張らずに自然の中に溶け込む自分を感じられるようになりました。

ひたすら静かに体を観察をすることを通して、今までどうでもいいことにたくさん囚われていたことや、待つことの大切さ、本当の気持ちなど…多くの気づきがありました。

ということで、

田中しのぶ先生と陰ヨガに出会ったことで、私のRYTに対する興味はすっかりなくなってしまい、養成コースも初級で終了。今は静かで瞑想的な陰ヨガをこよなく愛し、黙々と練習を続ける

Yinster(陰の実践者)

となりました。

中医学との出会い

陰ヨガを始めた頃、しのぶ先生のクラスでは、聞きなれない言葉が飛び交っていました。

ケイラク・・・。カン・・・シン・・・ハイ・・・。

今ならわかります、それが

経絡ニドラー

だったということを。

でも当時は、完全にBGMでした。

理解するにはほど遠く、ふわふわした状態でガイドとポーズに浸っていた記憶があります。

そのうち、しのぶ先生が「初めて中医学のWSを開催する」というので、それは行かねば!と、いざ受講。

が、

あれ?むつかしい…?わかんない…w

でも、おもしろいかも🤩

神秘のベールに包まれた魅惑の中医学の虜になった私は(要は全然理解してない)、しのぶ先生が中医学のWSを開催するたびに足を運ぶようになります。

「ことみちゃん、また申し込んだ!?」

はい。また申し込みました(笑)。

もはやストーカーのようになりながら、何度も何度も中医学の話を聞きに行きました。

そして少しずつ見えてきたのは、

今までの自分や家族の性格のこと。

今まで理解できなかった行動や感情が、五臓の乱れによるものだったと知り、また過去の経験が五臓を弱める原因と理解した時、

こんちくしょー!わからずやー!と家族と喧嘩したことも、

自分なんて~と己を責めたことも、

強すぎる正義感で人とすぐ衝突してしまうことも、

コントロールできない色んな感情も

全てが愛おしく、労ってあげたい存在になりまし

自分の体が、思っている以上に繊細で弱かったことや、体に対して労わりと感謝の気持ちを持つことも、全て中医学が教えてくれました。

そして私の心と体は、緩やかに、でも確かに変化していきました。

陰ヨガと中医学とマインドフルネス

陰ヨガと中医学には、共通していることがあります。それは物事を

マインドフルに観察すること

です。

もちろん、良い気づきもあれば、知りたくないことに気づかされることもあります。

わたし自身、認めたくないことや、なかったことにしたいこともたくさんありました。

それでも観察を続け、ありのままを受け入れる練習をしてきました。

心の内側から出てくるものは、何度も出し入れをするうちに形を変えていくものもありますが、きちんと向き合う必要があるものもあります。

観察をして、気づいて、認めること。

そのうちに、少しずつ自分の核へ近づいていきます。

マインドフルな生活は、より自分をピュアな状態へ戻してくれる、と今の私は感じています。

Kotoyogaが伝えたいこと

瞑想的に生きる日常が、感謝で溢れる生活へ連れ戻してくれる

私たちが生きる世界は、たくさんの情報で溢れていて、気づけば様々なものに振り回されています。

幸せを外側に求めて彷徨い、本当の気持ちが見えなくなりがちです。

マインドフルネスとは、外界の刺激に影響されることなく、ありのままを観察することで、心の風通しをよくしていく作業だと思います。

問題の解決策や幸せは、外側ではなく、全て自分の内側に存在しています。

エゴや思い込みを落としながら、少しずつ核心を見つけていく作業。

それには、静かになることが必要です。

Kotoyogaでは、マットの上の練習から、マットを離れた日常まで、少しずつ瞑想の場を拡大していくことを目標としています。

陰ヨガは朝起きてから既にはじまっていて、寝るまで続いています。

小さなころは、みんな、もっと些細なことに幸せを感じていたはずです。

瞑想的な生活は、きっと私たちを、その頃のような、感謝で溢れる日常へ連れ戻してくれると思います。

あなたの大切なものはなんですか?

心の風通しが良くなり、本当に大切なものに気づけたら、次はその気持ちに正直になることです。

自然と前へ進める場合もあるし、勇気が必要になることもあるでしょう。

そう、正直になるために、勇気が必要なこともあるのです。そこに向き合うのは、他でもない自分自身。

変化するために長い時間がかかるかもしれないし、生きてる間に解決できないこともあるかもしれません。

それでも、本当に大切なものに対して、正直に生きようとする自分のことは、きっと好きになれるはずです。

いつも感謝の心と謙虚さを

私たちはいつも様々な感情を持ちながら生活をしています。

ネガティブな感情も当然あるでしょう。

どうしてこんな感情を持ってしまうのか、と自分を責めたくなる時もあります。でも全ての感情は大切なんです。

必要なのは、

辛いときも悲しいときも、どんな時も心の中の感謝のドアは開けておくこと

私の先生は、そう言います。

そして、私もそうでありたいと思っています。

感謝と慈愛の心は、生きていく上でとても大切な土台になると思います。

何はともあれ、

ここまで色々と書きましたが、文章だけではさっぱり分からないと思います。

継続的な実践を通して、少しずつ実感し、体得していくことだと思うのです。

もし、心の安らぎを得たい、静かに落ち着いた生活がしたい、自分のことを知りたい、そう感じることがあるなら、陰ヨガや中医学の学び、マインドフルな実践は役に立つかもしれません。

ご興味のある方がいましたら、ぜひ私のレッスンや講座に参加してみてください。

みなさんへのメッセージ

私は中医学を学ぶ一人の陰ヨガ練習生に過ぎません。

ほんの数年ヨガや中医学を学んで、誰かに生き方をお伝えできるようになるとも思っていません。

私よりもヨガや瞑想が進んでいる人もたくさんいますし、ヨガや中医学を知らなくても、深い人生経験を通して、大きな愛で包んでくれる人はたくさんいらっしゃいます。

それでも私は、陰ヨガと中医学から得た経験と気づきを、シェアしていきます。

なぜなら、愛すべき師と、その先生の、そのまた先生まで、ヨガや中医学の叡智、そして愛を伝えて下さった方々に、深い尊敬と感謝の思いを持っているからです。

それを継承し、ご縁のある必要としている方に届けていきたいと思っています。

隠すものは何もありませんので、私が知っていることは全てお伝えします。

でも私もまだまだ学びの身です。

今の時点で分からないことは「分からない」と正直にお伝えします。

それでも、私から何かヒントになるようなことを得られるのであれば、ぜひそれを持ち帰っていただきたいと思います。

ヨガは、いつでもどこでも、できるものです。

でも全ての人に、いつでもヨガが必要なわけではありません。

準備が整っていない時は、どんなに勧めても何も響かないでしょう。

反面、準備が整った時は、自然と出会うようになっていると思います。

今、気になっている方は、ぜひ飛び込んでみて下さい。

もしかしたら、私が初めて陰ヨガをして衝撃的な感動を味わったように、それが運命の出会いとなるかもしれません。

ご縁のある方に、このメッセージが届きますように。

最後に

「陰ヨガがしたい」と思った時は、いつでもクラスにいらして下さい。

普段はお家で実践されている方も、「人に委ねて陰ヨガをしたい」と思った時は、いつでもどうぞ。

「はじめまして」でも「すごくお久しぶり」でも、何も気にする必要はありません。

どんな方にも変わらず、目の前にいるあなたに、陰ヨガと中医学を心を込めてお伝えさせて頂きます。

Kotoyoga主宰 密山ことみ

Copyright© Kotoyoga , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.