お知らせ

【募集】復活☆新月の陰ヨガ(沈黙のクラス)〜浄化と再生~

★このクラスは陰ヨガ実践者向きのクラスです★

新月の陰ヨガ~新月のエネルギーの話~

自然界の一部である私たちは、月の満ち欠けの影響を強く受けているといわれます。

古代から伝わる自然哲学「陰陽思想」では、陰は形を作るエネルギー(陰成形)、陽は変化させるエネルギー(陽化気)があるといいます。そこから、新月は満月へ向けて形を変化させていく「陽」であり、満月はその変化の完成形で「陰」が極まった状態と考えます。

新月の浄化エネルギー

陽の性質が強い新月は、解毒や発散など浄化のエネルギーが強まる時期といわれます。

そのため新月は、気分が落ち込んだりネガティブになるなど、自分の内側に溜まる陰の性質が表面化しやすいタイミングでもあります。しかし陰はけしてマイナスなことだけではありません。静寂、落ち着き、包容力、忍耐、平静さなど、特に現代に生きる私たちに必要な要素でもあります。

人は誰でも心にトラウマや蓋をしたくなるような記憶を持っていると思います。そんな感情ひとつひとつと向き合い、寄り添うことで、はじめてそこに陽の光を当てることができます。やがて心の闇は浄化され、生きる土台や強さを増していきます。

陰陽は常に動き続け、お互いに影響し合っています。ネガティブな感情は、私たちを成長させる大切な要素なんです。静かな陰ヨガは、優しくその闇を包み、受け止める受け皿になってくれると思います。

新月の再生エネルギー

月が新たに生まれ変わる新月は「再生」の象徴ともいえます。不要になった習慣や癖を手離し、決心を新たに物事をスタートさせる良いタイミングです。そのため、古くから新月には決意や願い事をする習慣がありました。

その新月に、陰ヨガで静かに内観を深め、自分の心が本当に望んでいることを紐解いていきます。

マインドが落ち着き、波打つ湖面が鎮まったとき、心の深いところから本当の願いや想いが湧くことがあります。それを新月の夜に胸に刻んでみてはいかがでしょう。きっと浮かんでくるのは「願い事」ではなく「感謝や祈り」に近いと思います。

何かをしようとする時に、遅すぎるということはありません。いつからでも始められるし、いつからでも立ち直り、また前へ進むことができます。新月は自分自身が再生する力を、後押ししてくれると思います。

新月の陰ヨガ~沈黙の実践~

言葉を制御する沈黙の行いは、インドでは霊性を高める修行の一つとして古くから実践されてきました。

新月の陰ヨガクラスでは、90分間「沈黙」の時間を過ごします。いつもより発する言葉を少なくすることで、より内観が深まります。研ぎ澄まされた静寂の中で、自分とつながる大切な時間を過ごしてください。

新月の陰ヨガ〜奉仕の実践〜

新月の陰ヨガは、準備から後片付けまでが、一つのクラスです。一つ一つの行いに集中し、心をかけていきます。ご自身で使用するマットを大切に敷き、そして丁寧に片付けること。練習の場所があること、建物を提供してくれる方々、クラスに送り出してくれる家族がいる方もいるでしょう。全てに感謝をし、掃除や後片付けなど自分ができることをします。

ヨーガを伝えるヴェーダの文化では、全体宇宙と個人に隔たりはなく、全てが繋がっているといいます。身の回りの全てに感謝をし、丁寧に心を向けることは、自分自身に感謝をし、丁寧に心を向けることと同じでもあります。

そんなOneness(ワンネス)や調和を思う練習をしていきましょう。

新月の陰ヨガ~こんな人におすすめ~

  • 陰ヨガの練習を深めたい
  • 自由に練習したい
  • 委ねながら練習したい
  • リラックスしたい
  • 穏やかな自分を取り戻したい
  • 人目を気にせず練習したい

注意点

当日は挨拶不要、他の参加者や講師と目を合わせる必要もありません。また、講師も同じく沈黙の実践に入るため、陰ヨガのガイドは必要最低限になります。より静かな空間で集中することを目的としますので、陰ヨガのポーズ名が分かる、ターゲットエリアを理解しているなど、経験者向けのクラスであることをご理解ください。

料金

2,000円
※現金のみ(当日お釣りのないようにご持参ください)

持ち物

  • 身体に羽織るブランケットや膝掛け
  • 長袖や靴下など暖かくできるもの
  • 締め付けがなく動きやすい服装

※ヨガマットは不要ですが、ご自身のを使いたい場合はご持参ください

新月の陰ヨガ~スケジュールとお申込~

ご興味を持っていただけた方、参加を希望される方は、こちらからお申し込みをお願いします。

スケジュールとお申し込みはこちら

-お知らせ

© 2021 オンライン陰ヨガ・中医学 Kotoyoga Powered by AFFINGER5